研究室の学生3名が表彰されました!

2021年6月15日

令和2年度の修了式で,宮本研究室から3名が表彰されました。
まずは,障害科学専攻で初の「学長賞」に輝いたのは,飯村大智さんです。次に,博士後期課程の障害科学「専攻長賞」に輝いたのは,石田修さんです。最後に,博士前期課程の「茗渓会賞」に選ばれたのは,大江卓也さんです。研究室から同時に3名の学生が表彰を受けましたことについて,彼らを支えて下さいましたみなさまに心から感謝申し上げます。2015年から始まった弱小の研究室ですが,彼らが表彰を受けたことで,筑波大学での吃音研究がある水準をもって進めれらていることが証明されたと自負しています。指導教員として,宮本は彼らのように吃音の研究に熱意のある学生のマネージメントを全力で行うとともに,彼らに負けないように生涯現役の研究者でありたいと思っております。